LINE交換してセフレとセックスしまくってるから彼女はいらない

MENU
RSS

 無料で利用ができる!これが一番のメリットだと感じていました。
インターネットで出会いを探すのにも、わざわざ金を使うのは馬鹿らしいという気持ちがありましたからね。
LINE掲示板や掲示板アプリと言うものは誰もが気軽に利用することが可能になっていますから、エッチな女性たちがたくさん集まってきているに違いないと思っていました。
実際に覗いてみるとやはり女性の書き込みも多くあり、ワクワクした気分にさせてくれたのです。
これだけセックスを望む女性たちが積極的になっているのだから、早い段階でラブホテルの中であんなことやこんな事を楽しめるに違いない、そう思ったのです。
気軽に相手を探す事ができる、これはインターネットの良さじゃないかと感じていきました。
やりとりだってすぐに始めることができたのですが、しかしおかしいのです。
なぜかURLが書かれたメッセージが送られてきて、ここにプロフィールとか写真があるから見て欲しいと言ってくるのです。
何人かの女性たちとのやりとりを始めることができていたのですが、全てこのようなパターンを踏むものでした。
なにかその法則というものがあるのか?掲示板などはそれがルールになっているのか?全く理解ができなかったのです。
やりとりの中でプロフィールや写真なんかいくらでも教えることができるはずです。
ワンクリック詐欺などの詐欺手口などの報告は多数聞いていましたから、そのURLはクリックしないでおきました。
するとやりとりは一切できなくなって、相手からも返事が送られなくなってきました。
URLを書いた相手は皆このように、すぐにやりとりが中断するようになっていくのです。
これには辟易した気分になってしまいました。
順調にやりとりを続け、早めのラブホテルと想定をしていただけにがっかりしてしまいました。

これは後からわかったのですが、悪質な出会い系サイトのサクラが入り込んでいて、誘導しようとする者だったようです。
あの時本当にURLを踏まなくて良かったと今はつくづく感じています。